コレクションを収容できる?個人向け倉庫とは


個人向け倉庫ができた経緯

倉庫という言葉を聞くと工場で生産された製品が積まれている場所、というイメージが強いですが、最近では個人が借りることができる倉庫が続々と誕生しています。

こうした倉庫が生まれた背景には、価値観の変化や趣味の多様化によって、他人の目を気にすることなく様々なものを収集できるようになったという事情があります。それにより自宅の部屋だけではコレクションを収容しきれないことが多くなり、そうした方の悩みに答える形で個人向け倉庫は誕生しました。

倉庫の種類には野積みコンテナタイプや綜合警備保障がついているトランクルームタイプなどがあるので、自身が預けたいものの特性を考慮して選ぶようにしましょう。

コレクションの収容や荷物の一時的な保管先に使える

個人向け倉庫は色々な使い方があり、その1つがDVD、プラモデルなど自分のコレクションを保管することです。自宅の棚でコレクションを保管しているけれど、数が多すぎて棚からあふれていたり、自分以外の人にコレクションを触れられたくない場合にはおすすめです。倉庫に預けるものが温度や湿度に強ければコストが安い野営コンテナを使い、逆に湿度や温度に気を使う場合はエアコンが効いているトランクルームを使用してください。

他にも「引っ越しの荷物を一時的に保管する」場合にも使えます。今いる部屋を退去する日と新居に入る日は基本的に同じに日にしますが、新居の清掃作業が遅れているなどの理由で同じ日にできないことがあります。そんなときに登場するのが個人向けコンテナ。そこに引っ越し用の荷物を一時的において、入居日が来たら速やかに荷物を移せばトラブルなく引っ越すことができます。

3PLは”3rd party logistics”の略で、企業が物流部門を第三者企業に委託することを指します。物流部門を外部に委託し関連業務を効率化させるだけでなく、生じた余力を中核事業に活用できます。