個人で荷物を預かって貰うケースが増えている!貸倉庫の費用と選定


個人が利用するケースが増えています

倉庫は、企業などが数多くの荷物を預かって貰うのに利用するのが通例ですが、少し前から一個人で利用する局面も増えています。倉庫の専門業者も、法人のみでは行き詰ってしまうので、一個人を相手に商売しているところがよく見られます。一個人で預かって貰う場合、個人事業主などで家で事業を営んでいる人等がターゲットになります。一つの例として、ネットの通信販売をして在庫を持っている場合、家に置いたままでは問題が生じます。一定以上荷物が増えた場合部屋に置くより倉庫に預け入れたほうがメリットが大きいと考えられます。こうした場合には、できるかぎり家から近い所を選択することが重要となります。往復時間も距離が遠いほど無駄になるだけですので、10分内に行ける場所が理想です。

安く快適に利用できる場所を利用しましょう

倉庫と言ったら、とても大きなスペースを考えますが、近頃では小さなスペースを設定して一個人で預けられるようにしている場所があります。気掛かりな料金ですが、六畳くらいのスペースを借り入れる場合1か月で7000円~10000円ほどになることが大半です。外部のトランクルームに比べて、温度管理がしっかりしており傷つきやすいものでも預かってもらうことが可能な点はアドバンテージといえるでしょう。更に、外部とは異なって雨が降った際すき間から水が入る恐れもありません。とりわけクライアントの荷物なら、ちょうどよい温度が確保できている場所を選択することが大切になります。

物流は、ありとあらゆる業界にとって重要性を持っています。経済を下支えしているといっても過言ではありません。モノの流れが経済循環を円滑にします。