社長が安心できる!とるべき事業継承の方策に関して


社長にとって後継者を育てることは大切です

社長としてどんな人でも悩みを抱えるのが、事業継承といえます。自分自身が退いた後に、会社組織を誰に託せば良いかがネックとなります。自らが会社組織を興した方は、一切合切を自分自身が運営管理しなければ安心できないという認識を持ちがちです。しかしながら事業継承を望むなら、きちんと後継者を育て上げることが大事です。労力をかけて育てた会社も、後継者がいないと存続も危うくなります。そういったことを見越し、早いうちに自分自身の代わりに会社組織のかじ取りが可能な人材を育て上げておくことが大切になります。

M&Aに因る事業継承のメリット

会社組織の管理運営に忙しくて、後継者育成が出来なかった場合、M&Aも考えることが必要です。これについては、経営ノウハウを有している別の会社の経営者に対して、自社を売却することを意味します。自明のことですが買ってもらった後は、以前と同様に社員を雇用しながら、会社組織の運営を依頼することになります。大切なことは、自分自身の経営理念にとても近い観念をもち合わせた経営者を見つけるということです。それから、M&Aにより会社組織を買い取ってもらう形で事業承継を実施すると、複数のメリットが生まれます。まず第一に会社の負債もそのままの状態で相手方の会社に継がれます。その結果、社長という立場で自分自身が抱えている負債も相手方の会社に継がれます。さらに全部の株式を売り払っても、顧問という立場で経営に関係することもできます。

早めに事業承継プランを立てることで、ステークホルダーへの周知を円滑に行い、後継者が安心して経営に取り組むことが可能となります。