タイムカードアプリのメリット、デメリットは?


タイムカードアプリのメリットは?

1つ目は正確に時間管理ができるとこです。自分のスマートフォンやパソコンでスムーズに正確な時間を打刻することができます。また、就業時間が自動で計算されるので、給与計算の際の人的コストの削減や業務効率の向上にも繋がります。そして、自動計算なので、計算の手間だけでなくミスも大幅に削減できます。また、労働基準法が改正された場合でも、バージョンアップを行えば対応できるので、労力をかけずにシステムの変更をすることが可能です。

2つ目は、残業時間をしっかり管理できることです。ニュースでも取り上げられている長時間の残業問題を無くすためにも、勤怠管理を整えることは企業にとってとても重要です。欠勤状況や残業や遅刻、早退時間なども管理することができるので、従業員の勤怠管理を管理し、職場環境の見直しをすることもできます。

タイムカードアプリのデメリットは?

1つ目は、企業形態に合ったアプリを選ばなければならないことです。合っていないアプリを利用すると、手作業での修正や調整が必要になってしまい、担当者にかなりの手間がかかってしまいます。導入後のサポートがあるアプリを選び、自動の企業形態に合ったものを利用することが大切です。

2つ目は、初期投資にかかるコストです。タイムカードアプリは、無料のものから高額なものまで様々です。自分の企業の規模に合ったものを選び、無駄なコストを抑える必要があります。しかし、コストを優先的に考えてしまうと、必要な機能が入っていない場合があります。せっかく導入したのに業務軽減に繋がらず、逆に手間になってしまうので注意が必要です。

タイムレコーダー アプリは、端末をスマートフォンとしてアプリをインストールするのみなので初期費用を抑えることができます。