これもあれもプライバシー!プライバシー保護の徹底!


知られたら困ることがある

どんな人にも隠し事があるし、知られたら困ることなどないという人は、まずいないでしょう。一人暮らしの女性が簡単に住所を教えるわけはないし、多額の借金を抱えていれば、それを隠そうとするのは普通です。人に教える必要もなく、自分だけが知っていればいい情報は、プライバシーと呼ばれます。プライバシーは人それぞれにあります。そしてその守り方もそれぞれにあって違うものです。

幸運を守らなければならない

プライバシーを守らなければならない状況は人によって違います。例えば宝くじが当たったとします。ある日突然何億円ものお金が自分のものになったら、嬉しさの反面、守らなければならないという危機感も湧きます。お金があれば困ることはないし、貯金があるのは良いことですが、それを知られることでその大金が狙われる可能性もあります。常識を超えた幸運に恵まれた時は、その幸運を守らなければならないという危機感に襲われるものです。

何をどのように守るか

プライバシーは幸福と不幸の狭間にあります。プライバシーを人に知られてしまうことで不幸になることもありますから、幸せや安全な暮らしを守るためのプライバシー保護は、欠かすことができません。現金なら金庫に入れるか銀行に預けるかです。所有物や個人情報などのデータは個人的な対策が必要です。紙切れ一枚であっても重要な情報が記載されている場合も多々ありますから、これらの管理や破棄などを徹底することが、プライバシー保護における対処法になってくるでしょう。

機密文書は関係者以外は閲覧できないようにする事が大切です。紙の場合は、鍵のかかるロッカーで保管し、データの場合は共有ドライブやクラウドサーバー上に保管せず、記憶媒体に保管する事を心掛けましょう。