エコで宣伝効果もバッチリ?売り上げ向上に繋がる紙袋の印刷を実施しよう!


紙袋が注目されている理由

小売店での買い物では購入した商品を専用のビニール袋に入れるのが従来の常識でした。紙袋と違って水に濡れても破れず、製造コストも低いことから爆発的に普及しましたが、その一方で環境破壊の原因になることが判明してからは普及率が低下しています。そのため、時代遅れと見做されていた紙袋が環境に優しいエコ製品として注目され、普及率が次第に上昇しています。紙袋は多くの場合、再生紙で作られているので製造時に環境を破壊する心配がありません。使用済みの中古の紙をリサイクルして作るので樹木を伐採する手間もかからない利点があります。紙袋は水濡れや過剰な重量によって破れてしまう欠点がありますが、防水加工や内容物の調整などの工夫でビニール袋とほぼ変わらない使い心地を堪能することが可能です。

紙袋に印刷を施す目的やメリットについて

紙袋への印刷は外観を華やかにする効果がある他、商品やサービス、店舗の名前などを記すことで広告媒体として使える利点があります。紙袋を持ち歩くことで看板を持ち歩いているのと同じ宣伝効果が得られるのが利点です。費用も紙袋への印刷費だけで済ませることが出来るので、少ない支出で宣伝効果の向上を図ることが出来ます。また、紙袋への印刷はインクの滲みを防ぐために紙へのコーティング加工を併せて行うのが普通です。薬剤の塗布で生じた皮膜が紙袋全体を覆うことによって耐久性が向上し、多少の重量や水濡れでは破れる危険が大幅に軽減される利点が生じます。引っ張りにも強くなるので、大きな物品を入れても紙が裂ける心配が軽減されるのも印刷を施すメリットの一つです。

紙袋の印刷は、紙袋でただ運ぶだけなら必要ありませんが、会社やお店とブランドをアピールする絶好の機会になります。しかも運ぶ間に移動広告として活躍し、印刷によっては中身の価値も向上するので工夫が大切です。