気軽にチャレンジしてみよう!電化製品の自作


誰もが自作しやすい時代に突入?

近年はホームセンターでも半田ゴテなどが販売されていて、電化製品の自作をしやすい環境となりました。特に、エコロジー社会の文化が根付いてから家電製品を自作する人も増加の傾向です。一方、部品についてもホームセンターで販売されています。自作する人が増えるとともに、電化製品を自作するための自作キットも販売され始めています。今や、キットの充実によりアマチュアでもかなり精度の高いオリジナル家電製品が作れるようになったのです。

電化製品自作のメリット

自作のメリットとしては、自分だけのオリジナル家電を作れることです。例えばオリジナル扇風機を作ったのであれば、自分の好みの周波数を設定することで、ファンの回転数を自分の好みに設定できます。自分の満足度が高いだけではなく、家族にも喜んでもらえるのではないでしょうか。

また、電化製品の自作を体験すると、電気回路の知識を身につけることが可能です。そのため、市販品の家電製品が壊れた時も自分で修理できる可能性が高まります。修理できれば、これまで捨ててしまっていた家電製品を蘇らせることができ、新しい製品を購入する必要がなくなりますので、お金の無駄遣いを防ぐことができ、家族にも喜ばれるでしょう。

簡単な電化製品から作ってみよう

もし初めて電化製品の自作をするのであれば、簡単なものから作るのがおすすめです。まずは、100円ショップなどで手に入る自作パーツを利用して自作すると良いでしょう。例えば、人を検知して照明をコントロールする人感センサーや温感センサーなどがオススメです。

プリント基板実装とは、回路設計に基づき電子部品をつなぐ導体パターンをプリントした絶縁基板に、電子部品を取り付ける(実装する)技術です。この技術は、パソコンなど電子機器の主要部品には欠かせない技術です。